やわらぎNEWS

やわらぎNEWS

恵方巻に欠かせない「海苔」

海苔巻き


海苔巻きは江戸時代から人気
関西では具が多い太巻き、関東では具が少ない細巻きが人気だった様です。恵方巻(丸かぶり寿司)は関西が発祥ですので、具がたっぷりなのはその影響かもしれません。

海苔にも旬がある!
11月から3月頃までの冬の時期に、初摘みの「新海苔」が出まわります。

豊富な栄養素
【ビタミンA】海苔2枚分に含まれるビタミンAは、ほうれん草46グラムに相当する量が含まれています。ビタミンAには、頭皮や髪質などを保持する働きがあるほか、視力の低下を防ぐ効果も期待できます。

【鉄分】貧血の予防に欠かせない鉄分も、海苔には多く含まれています。その量は約5枚分で、茹でたほうれん草1束分や牛レバー1切れ分に相当します。

【食物繊維】海苔の成分は、約1/3が食物繊維といわれます。食物繊維には胃や腸の働きを整える効果があるといわれるため、便秘解消に役立ちます。

サラダにちぎって混ぜたり、おひたしに刻んで散らしたりしてたくさん食べるようにしてみましょう。

ひと工夫で美味しさアップ!
♪あぶった海苔に味噌を塗って味噌味に
♪酢、リンゴ酢、果実酢など好みの酢に海苔を良く浸して、海苔の酢漬け

2024年02月09日

“食べ合わせ”で得られるメリット

「効果を高める」「ほかの効果まで得られる」など、食べ合わせには、さまざまなメリットがあります。
組み合わせと違いを知って、考えながら食べられるようになると良いですね!

素材の吸収率がアップ!相乗効果
2つ以上の食品を組み合わせることで、お互いの効果や吸収率が高まります。
単独で摂るよりも、より効率的に確実に、体に欲しい効果を得ることができます。

豚肉とにんにく

豚肉(ビタミンB1)+にんにく(アリシン)=疲労回復
ビタミンB1とアリシンは一緒に摂ると、吸収率がアップします。
疲労回復に有効な組み合わせなので、吸収率がアップすれば、つらい疲労からも早く回復できます。

さつまいもとブロッコリー

さつまいも(ビタミンE)+ ブロッコリー(ビタミンC)=老化防止
さつま芋のビタミンEとブロッコリーのビタミンCは、どちらも抗酸化作用のある食品。
ビタミンEとCは、体内でお互いに助け合う効果もあります。老化予防に効果アリ!


ダイエットにも活用できる!相殺効果
それぞれの食品の優れている部分を消してしまう、注意したい組み合わせです。
しかし、ダイエットのときに「なかったこと」にできる利点もあります。

ごはんとごぼう

ごはん(糖質)+ごぼう(食物繊維)=ダイエット
ごぼうの食物繊維が糖質の消化吸収速度を遅らせ、急激な血糖値の上昇を抑えてインスリンの分泌を抑制します。
余分なインスリンの分泌は体脂肪のもとに。

2024年02月05日

カイロを貼るならここでしょ!

さまざまな大きさで、○○用と名のついた使い捨てカイロがたくさんあります。
温まるポイントに使えばさらに効果的。

カイロ


◆背骨中心のポイント
【首の付け根、首を前に曲げた時に突き出る部分】
体全体が温かくなります。
薄手のマフラーかスカーフの後頭部に当たる付近にカイロを置き、落ちないように折り込み、それを普段通りに首に巻く。
室内にいる時はそれを腰やお腹に巻いたりカイロを太ももに当たるようにして置き、膝掛けとして使うこともできます。

【肩甲骨の間】
血の巡りが良くなって肩こり解消にも効果があります。

【仙骨周辺】
骨盤の中心部分にある、背骨と腰をつないでいる骨で、下半身の神経や血管が集中している場所なので、足先の冷えなどにも効果が。
体前面の「下腹部」にもカイロをあて、体を挟み込むのも良いです。

◆その他のポイント
太ももの位置、ふくらはぎの中央部。
おしりが冷える場合は椅子の座布団の上に置いて座る。
二の腕の外側にあてると寒さを感じにくくなります。

※気をつけたい事
体温が上がりすぎると熱を発散する頭部や脇の下には当てない。
低温やけどをする恐れがあるので、寝る時は使わない、肌に直接つけない、こたつなど他の暖房器具と一緒に使わないこと。

2024年02月02日

チョコレートでダイエット!?

チョコレートには抗酸化作用が高いカカオポリフェノールが豊富に含まれています。
血流をよくし、動脈硬化を防ぐ働きもあるので、寒い季節にはオススメの食品。
ストレスに強くなる効果も期待できます。


ダークチョコレートで血圧低下
チョコレートの中でもダークなタイプほど、抗酸化作用も強く、定期的な摂取で血管の反応がよくなったり、血圧が低下したりする作用があるという結果も出ています。

食前にひとかけらのチョコ
空腹感と深いつながりのある血糖値。
血糖値の変化が脳に伝わり、血糖値が低下していると「お腹が空いた」と感じます。
このタイミングで食事をすると食べ過ぎてしまいがち。
食前に何か軽く食べて、血糖値を適度に高めてから食事をすれば、食べ過ぎを防ぐことができます。

血糖値が低下していて空腹を感じ、食べ物をとって血糖値が上昇して空腹感がおさまるまでに約20~30分。
食事の20~30分前にチョコレートひとかけら食べれば、適度に血糖値を上げダイエットの味方になります。
チョコレートひとかけらで約20kcal程度。ただし、ひとかけらで抑えられるかどうかが最大のポイントかもしれませんね。

2024年01月29日
» 続きを読む