腸を整えて快調に過ごす!

腸は、毎日の食べ物や飲み物などの栄養を吸収してくれる大切な場所。

また、体に必要な栄養素だけを吸収し、細菌やウイルスなど害のあるものは排除するという、体を守る役割も果たしています。

腸内は細菌の住み家

腸の中には、約500種類、100兆個の細菌が住み着いています。

その細菌は「腸内細菌」といわれ、乳酸菌で知られている善玉菌と、有害菌である悪玉菌があり、腸内の環境状態によって善玉菌にも悪玉菌にもなったりする「日和見菌」という3種類に分類できます。

【善玉菌】

腸内を酸性にし、病原菌をやっつけたり、免疫力を高める。

食べ物の消化・吸収を促進し、ビタミン合成、腸管運動を促進などの働きをする。

・乳酸菌、ビフィズス菌など。

【悪玉菌】

腸内をアルカリ性にし、腸内を腐敗したり、発がん物資や毒素のある有害物質を作り出す。

悪玉菌が増えると体の抵抗力を弱め、下痢や便秘を引き起こします。

・ウェルシュ菌、ブドウ球菌、大腸菌など。

【日和見菌】

食べ物や体調によって善玉・悪玉どちらにもなる菌。

腸内チェック

 □ 朝食を抜くことが多い

 □ 生活のリズムが不規則

 □ 肉や脂っこい料理が好き

 □ お菓子をよく食べる

 □ 加工食品や外食が多い

 □ 牛乳や乳製品が苦手

 □ 食事の量が少ない

 □ 運動不足

 □ 野菜や果物はあまり食べない

 □ トイレに行くのを我慢しがち

 □ ストレスと感じることが多い

 □ 過度のダイエットをしている

チェックが多いほど悪玉菌が優勢かもしれません。

健康な人の腸内環境は善玉菌と悪玉菌それぞれがバランス良く保たれています。

生活習慣・食事内容を見直して、善玉菌と悪玉菌のバランスを整えましょう。

食事のポイント

腸内を酸性に保ち、病原菌の繁殖を防ぐとされている乳酸菌は、ヨーグルトやキムチなど発酵食品に多く含まれます。

バナナやハチミツ、大豆などに含まれるオリゴ糖は、善玉菌であるビフィズス菌の栄養源となって腸の調子を整えます。

野菜やキノコなどに多く含まれる不溶性食物繊維は、便の量を増やしてお通じを改善し、海藻、イモ、果物などに多く含まれる水溶性食物繊維は便の水分を増やし、軟らかくします。

どちらも悪玉菌や老廃物などの排出をサポートします。

善玉菌優位の食生活で快腸を目指しましょう。

骨盤矯正はお任せ「松山市」の整体院
やわらぎ整体院 / ぴゅあスリム
ご予約はこちら → 089-925-0545