体と心を柔らかく

冬は寒さで体が縮こまり、動きが鈍くなって転倒やケガをする人が増えます。

日頃から体を柔らかく保ちましょう。

柔らかい体はココが良い!

1:ケガの予防
運動前にストレッチなどで筋肉を動かすと、筋温が上昇するので、ケガや筋肉痛をある程度予防することができます。

日常生活でも転倒しにくくなったり、大きなケガを防ぐことができます。

2:基礎代謝アップ、血行改善
体の柔軟性を高めると、筋肉を動かして代謝を高めるだけでなく、筋肉の動きを利用して血行を改善させます。

基礎代謝があがるとダイエットにも有効で、血行が良くなると手先や足先の冷え症改善につながります。

3:疲労回復
体にたまった疲労物質などは血液に乗って運ばれるので、血行が良くなると循環が早くなり、疲労回復に効果的です。

4:老化予防
体の柔軟性は、心と体をリラックスさせて緊張を解きほぐすだけでなく、心身の老化予防に効果があるといわれています。

◆朝の小さなスタート

朝目を覚ましたらベッドの中で、手先足先から少しずつ動かして起きる準備をします。

 ・手足の指をグーパー

 ・手首足首を回す

 ・首を左右にゆっくりねじる

 ・頭を左右の肩へゆっくり傾ける

上半身だけ起こし、足を伸ばした状態で座る。

 ・首を前後に倒したり、ゆっくり回す

 ・肩を上げ下げ、ゆっくり回す

 ・息を吐きながら前屈

足先から腰まで手のひらで優しくこすって感覚を刺激する。

ゆっくり立ち上がる。

 ・屈伸

 ・体を左右にひねる

 ・上半身を前後に倒す

 ・バンザイのように腕を上げて伸ばす

 ・腕を大きく広げて深呼吸

柔らかい心のメリット

心がしなやかで柔軟性があれば、人間関係がスムーズに進み、思いがけないことが起きても、自分や周りの力を借りて対応できます。

◆朝は一日のイメージトレーニング

どんなことをしようかな?どんなことができるかな?苦手なことが待っているとしたら、どうやったら笑って過ごせるかな?

良いイメージを持っておくと、自然とそちらの方向に進んでいきます。

考えのクセを変える、いろんなパターンで考えられるようになる、受け止められるようになると心の柔軟性も高まります。

体も心もほんの小さなことの繰り返しで、クセはつきます。

小さな事から始めてみましょう!