年のせいなの?「四十肩」

寒くなってくると、今まで伸びていた筋肉や筋が、急に縮んでしまう事があります。

四十肩の原因はいろんな箇所で考えられ、季節的な要因もあります。

季節の変わり目には特に注意をしましょう!

こんな症状ありますか?

 □ 腕を真横に上げると、肩が痛い

 □ 手や腕がしびれる

 □ お風呂で背中が洗えない

 □ 洗髪しずらい

 □ 洋服を脱いだり着たりがしずらい

 □ 電車のつり革に手が届かない

四十肩は正式には「肩関節周囲炎」と呼ばれています。

肩の関節周辺が痛み、腕が思うように上げられない、それほど重くない物でも持ち上げることができないなどの症状が出ます。

40代前後に症状があらわれることが多いので「四十肩」と呼ばれていますが、20代でなる人もいます。

四十肩の症状が重くなると服の脱ぎ着がしずらい、自分でシャンプーができないなど、日常生活にまで支障をきたしてしまいます。

このように肩が痛んだり、肩や腕の関節の動きが悪くなるのが四十肩の特徴です。

原因は老化現象や運動不足ともいわれ、はっきりした原因はわかっていません。

多くの場合は、数ヶ月~長くて1年強くらいで自然治癒することが多いようです。

だからといって放っておかず、出来るだけ早く回復するために肩の体操をしましょう。

無理のない範囲で行うこと。

◆アイロン体操
 アイロンを四十肩の症状が出ている方に持ち、おもりの振り子のように肩の力をぬいて前後左右に振りましょう。


◆拭き掃除運動

 両手に布を持って拭き掃除をする要領で、テーブルの上を動かします。

◆壁を押す
 足は肩幅に開いて立ち、両手を壁につき、均等に壁を押していきます。
 ゆっくりと力を加えていきましょう。

肩以外にも影響が

肩の痛みをかばうために、どうしても背中を丸めて立ってしまいます。

そのため体全体のバランスが悪くなって、首のコリや痛みなど他の症状も出てくることもあります。
筋力の低下により筋肉自体のバランスが悪くなるのも原因の一つです。

肩だけの部分的な治療にあわせ、全身のバランスを調整すると、より速く肩の痛みを軽減させる事が出来ます。

by やわらぎ整体院