旬を食べて体調管理

秋は過ごしやすいイメージが強いけれど、実は一年で最も体調を崩しやすい季節。

一日の気温差が10度近い日もあり、日照時間も急に短くなるなど生体リズムを崩しやすいのです。

『秋バテ』サイン出ていませんか?

 □ 食欲がなく胃がもたれる

 □ 疲れやすい、だるい

 □ 立ちくらみ、めまい

 □ 頭がボーっとする

 □ 寝不足で、朝スッキリ起きられない

夏バテから秋バテに

夏の暑さを引きずったまま、薄着や冷たいモノを取り過ぎると、体の表面は暑いのに、体の内側は冷えた状態となり、 夏バテ解消どころか、余計に体調を崩してしまう『秋バテ』になる人が増えています。

夏の間に体にためてしまった冷えから、自律神経を乱し、内臓の働きを悪くさせていることが、『秋バテ』の主な原因!

秋は風邪をひきやすい

さらに秋の風は乾燥していて、のどや鼻の粘膜を傷つけやすいため、鼻炎や喘息、風邪の原因となり、体調を崩しやすい。

旬の食材で体調を整える

秋の食材は、免疫力を高める、ビタミン・ミネラルや食物繊維が豊富。

かぼちゃ、さつまいも、じゃがいも、長芋、ゴボウ、レンコン、 しいたけ、しめじ、まいたけ、サンマ、鮭、サバ、栗、梨、ぶどうなど。

魅力いっぱいの“さつまいも”
さつまいもには疲労回復に効果的なビタミンCが豊富。

通常、ビタミンCは熱に弱いとされていますが、さつまいもの場合、煮たり、焼いたりしても約70%が残るといわれています。

またビタミンEが多く、ビタミンEはCとともに抗酸化作用が高いのが特徴。

体の機能を低下させ、老化の原因とも言われる「過酸化脂質」を体内にできるのを抑える働きがあります。

食物繊維で便秘を解消。
体内の余分な老廃物を排泄して腸を整え、内臓から元気回復。

軽い運動で体調を整える

軽い運動をすると、脳内で体を活性化するホルモンが分泌され、 スッキリした1日を過ごすことができるようになります。

朝晩の涼しい時間帯に、20~30分ほどの散歩やウォーキングを。

入浴で体調を整える

温めのお湯にゆっくりと入ることで血流を良くし、老廃物も一緒に流します。

新陳代謝もアップして、疲れも取れ、夜もぐっすりと眠れるようになるでしょう。

体をほぐして体調を整える

仕事中や1日の終わりなどに、カラダのコリをほぐしてあげるとリラックスにも。

                              by やわらぎ整体院