お腹をへこませるだけ?「ドローイン」

シャツ姿でお腹だけポッコリ、Yシャツのお腹のボタンがはち切れそう・・・。

だったらそのお腹、へこませてみて!

「お腹をへこませるだけなんて、見た目をごまかしてるだけじゃない?」そんな声も聞こえてきそうですね。

「ドローイン」とは

お腹をギューッとへこませるだけの簡単なもので、お腹をへこませるだけなのに、普通の腹筋では難しいインナーマッスル(内部の筋肉)の腹横筋を鍛えられるのです。

腹横筋を鍛えることで、便秘解消や腰痛の予防(ドローインなら、無理な腹筋で腰痛を悪化させることもありません)。

そして体をしっかり支えられるようになるので、姿勢も良くなり見た目の若返り。

インナーマッスルを刺激して基礎代謝がアップすると冷え性の改善にもつながる。

「ドローイン」の方法

ぽっこりお腹を隠すために、お腹をへこますイメージで。

 1.あごを引き、背筋を伸ばして正しい姿勢で立ちます。

 2.息を吐きながらお腹をへこませていきます。お尻に力を入れると効果的。

 3.お腹をへこませたまま息を吸う、次に吐く息と共にさらにお腹をへこませるイメージ。

 4.へこませたまま呼吸を続け15秒間キープ。

正しい姿勢がわからない、うまくできないという人は仰向けに寝て行います。

仰向けに寝て行う場合は、足をお尻の幅程度に広げ、膝を90度ぐらいに曲げた状態で、最初はお腹に手を当ててへこんでいく様子を確認しながら行います。

苦しいほどお腹をへこませると、肩などに余分な力が入り逆効果。

体はリラックスしてお腹だけがへこんでいる状態をイメージ。

●イスに座って行う場合

背もたれに寄りかからずに浅く座り、姿勢を正し、両膝をくっつけたまま行う。

ポイント:正しい姿勢と、へこませたまま呼吸を続けること

いつでもどこでもドローイン

ドローインの動作になれたら、通勤の電車の中、仕事をしながら、運転しながら、立っていても座っていてもやってみましょう。

目指せこっそりスッキリ!

普段の運動に加えて

ドローインしたまま腕の曲げ伸ばし、腕を90度に曲げて前後に腕振り、その場で膝をあげた足踏み、スクワットなどと組み合わせるとさらに効果アップ!

                                 by やわらぎ整体院