“干し野菜”生活始めよう!

まとめて買うと安いけど、結局食べきれない野菜、どうしよう・・・。

切って並べて干すだけの、簡単干し野菜にチャレンジしてみましょう。

しいたけが日光に当たると骨粗しょう症予防に良いビタミンDが増えるのはご存知の方も多いはず。

日に当てることは野菜に含まれる酵素のアミラーゼが活性化され、でんぷんを分解しぶどう糖や麦芽糖などの糖を作るので、甘みが増します。

それに加えて歯ごたえがよくなり、食物繊維もとりやすくなります。

干し方は簡単!

水気をキッチンペーパーなどで拭いて取り重ならないように並べるだけ。

ベランダ・出窓にザルやカゴ、新聞紙や包装紙の上に広げます。

虫や鳥が心配な方はタワー型のネットなどを使うと良いでしょう。

・根菜:皮のまま薄切りか、太目の千切り

・キャベツや白菜:1/4に切る

・ショウガ:皮付きで薄切り

・ピーマン:たてに1/4に切る

・しめじや舞茸:石づきを除いてほぐす

半日(数時間)の半干し状態なら、水につけてもどす必要はありませんので、そのまま煮たり焼いたり、すぐ使えます。

皮ごと野菜の味を楽しんで下さい!

by やわらぎ整体院