糖分のとりすぎで老化!?

酸化」より肌も体も老化させる「糖化」

糖は体に大切なエネルギーとして使われますが、余剰分は体内に残り、タンパク質や脂質と結合して蓄積します。これが「糖化」で、体が「コゲる」とも言われます。

糖化により生み出される老廃物(「AGEs(糖化最終化合物)」と呼ばれる)の蓄積が病気や老化を起こす原因となっています。

「糖化」が進んでいくと、肌を老化させるばかりか糖尿病などの病気につながることも。
今は「酸化」よりも「糖化」のほうが美容と健康に大敵!と言われています。

今すぐチェック!

  □ペットボトルの清涼飲料水をよく飲む

  □バッグやデスクにアメやお菓子がいつもある

  □クッキーやケーキなど甘いものの間食が多い

  □ご飯や麺類などの主食をしっかり食べたい

  □丼ものが好き

  □甘辛い料理が好き

  □野菜や豆類が嫌い

  □つい早食いしてしまう

  □我慢できず夜食を食べることが多い

  □運動をほとんどしていない

チェックの数が多ければ多いほど「糖化」が進んでいる可能性大です。

「糖化」は、肌のシミ、シワ、たるみだけでなく、骨、血管、脳にも影響があるのです。

老化を進める“加齢・糖化・酸化”
年齢を重ねることで代謝が低下したり、ホルモン分泌が減少して老化します。

そこに酸化と糖化が加わると、老化をさらに加速させるのです。

「糖化」が進むと、どんな病気になるの?
多いのは、糖尿病。

さらには、目、脳神経、血管、血液、骨などにも、糖化は密接に関係していることがわかっています。

「糖尿病なんて年配の人の病気では?」と油断してはいけません。

最近は食生活の乱れやライフスタイルの変化、ストレス過多で、若い世代の糖尿病も増えています。

ほかにも、白内障などの目の病気、脳老化によるアルツハイマー、血管の病気の動脈硬化、骨量減少や骨粗鬆症など。


私たちの体のあらゆる部分で、糖化が起こり、病気の誘因になっていることがわかってきました。

毎日「糖化」予防

一日一杯のハーブティーがコゲつきを予防します。ハーブティーの中でも、カモミールには「カマメロサイド」という糖化反応を抑える成分が入っています。

適度な運動は余分な糖を消費します。

食べる順番を野菜→魚介・肉→主食の順にする。

食物繊維の多い野菜を先に食べることで、後から食べる食品の糖や脂肪の吸収を穏やかにします。

                                 By やわらぎ整体院