睡眠は体と心の休息

「あ~あ、良く眠れた」と思ったときには、すっきりと目覚めて爽快な朝を迎えられますよね。これは睡眠中に、体と心の疲れが完全に回復した証拠です。

睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠の2種類があります。レム睡眠中は筋肉が緩むので「グッタリ眠っている状態」であり、ノンレム睡眠中は脳が休息しているので、さらに深く「グッスリ眠っている状態」と言えます。

脳にとっては、ノンレム睡眠は休息して回復する眠りであり、レム睡眠は休息と目覚めを橋渡しする眠りです。

休息中の脳の中では、老化の原因の1つである過酸化物質の分解が盛んに行われます。

つまり睡眠は、脳の解毒を行って脳細胞が死なないようにしている時間なのです。

またレム睡眠では、起きている間に新しく作られた神経細胞のネットワークの、試運転や点検・整備を行っています。

「寝る子は育つ」は本当!

心身ともに成長著しい子どもは、大人以上に睡眠が必要です。深い睡眠の時間帯に、成長ホルモンがたくさん分泌されます。成長ホルモンは、細胞の分裂や増殖を促したり、傷ついた組織を修復してくれます。

さらに明け方近くには、副腎皮質ホルモンの血中濃度が高まります。このホルモンは、ストレスをやわらげてくれる働きと、体内でエネルギーを作り出す働きがあります。

不眠の4タイプ
・入眠障害……眠ろうと思って布団に入っても30分~1時間以上、眠れない状態

・中途覚醒……夜中に3回以上、目覚めてしまう状態

・早朝覚醒……朝、起きようと思った時刻の1時間以上前に目覚めてしまい、その後は眠れなくなってしまう状態

・熟眠障害……睡眠時間は十分なはずなのに眠りが浅く、目覚めたときに熟睡感がない状態

不眠にはいろいろな原因がありますが、自分で何とかできることは、生活習慣や睡眠環境です。

食生活を見直し、日中の活動量を増やして、寝室の環境を整えてみましょう。

快適な睡眠でいきいき健康生活

睡眠に問題があると、高血圧や心臓病、脳卒中、糖尿病などの生活習慣病になるリスクが上昇することも明らかになりました。

日中に行う適度な運動なら、夜の睡眠の質を向上してくれます。高齢者では、夕方の散歩なども効果的です。

寝る前にややぬるめのお風呂に入ると、リラックス効果が高まります。そして、いったん温まった体温が下がるときに眠気が強まるので、寝つきがよくなります。

骨盤矯正はお任せ「松山市」の整体院
やわらぎ整体院 / ぴゅあスリム
ご予約はこちら → 089-925-0545