この言葉どこから来たの?

◆でんでん虫=カタツムリ

「出出虫(ででむし)」が変化した言葉。「ででむし」は、「出る」の命令形「出よ」「出ろ」の意味で、「出ない」を意味する「出ん」や「電電虫」ではありません。「ででむし」から「でんでんむし」になったのは、童謡『かたつむり』に「でんでんむしむし かたつむり~」とあるように、子ども達が口拍子に「でんでん」と言ったことから。

◆さくら=客のふりをして品物を褒めたり、高く買い物をする仲間

漢字で「偽客(さくら)」と書くのは当て字です。露天商などの隠語から、明治時代以降に一般へ広まりました。江戸時代の芝居小屋で役者に声をかける見物人役は、パッと派手に景気よくやってパッと消えることから、桜の性質になぞって呼ぶようになり、そこから露天商の隠語として使われ、広まった説と、桜は無料で見ることができるため、芝居を無料で見物する人を「さくら」と呼ぶようになり、現在の意味になったとする説があります。

◆奴豆腐・冷やっこ=冷たい豆腐

冷奴の「奴(やっこ)」は、近世、大名行列の先頭で槍や挟み箱をもつ役の「槍持奴(やりもちやっこ)」のこと。奴が着ていた半纏には、「釘抜紋」と呼ばれる四角い大きな紋がついていて、豆腐の形が奴の紋に似ていることから「奴豆腐」と言うようになり、冷やしたものを「冷奴」、湯豆腐は「湯奴」や「煮奴」と呼ぶようになりました。