笑 う 門 に は 健 康 き た る

健康な人でも毎日体内でガン細胞が発生しているのをご存知ですか?

でも、誰もがすぐにガンを患うわけではありません。それは、私達の体を守る免疫システムがあるから。

笑いは、その免疫力を高めて病気の予防・改善に役立つことから、「笑い療法士」という仕事も登場しているほどです。

どうして笑うと免疫力がアップするの?

笑うことでNK(ナチュラルキラー)細胞が活性化されるからです。

NK(ナチュラルキラー)細胞とは白血球をつくるリンパ球の一種で、ウイルスやがん細胞など、体に悪さをする物質を攻撃します。全身に50億個も存在するNK細胞が活発に働いていると、がんや感染症などの病気にかかりにくくなります。

作り笑いでも効果あり!

顔の筋肉だけで、笑顔をつくるだけでもNK細胞が活性化する(高すぎる人は正常値に近づく)ことが実験でわかりました。

つくり笑顔でも免疫力が高まるのです!

割り箸をくわえて口角を上げる練習をしてみましょう。

その他のプラス効果もたくさんあります。
(1)血行促進
思いっきり笑ったときの呼吸は、深呼吸や腹式呼吸と同じ。酸素がたくさん取り込まれ血行が促され、新陳代謝が活発に。

(2)自律神経のバランスが整う
笑っているときは刺激とリラックスが交互におこるため交感神経と副交感神経が頻繁に切り替わり、自律神経のバランスを整える。

(3)鎮痛作用
笑うと脳内ホルモン「エンドルフィン」が大量に分泌され、エンドルフィンにはモルヒネの数倍もの鎮静作用があり痛みを軽減する。

大笑いでストレス解消、血圧も低下して結果的に心臓病のリスク軽減にもつながる。

脳の記憶と関係が深い「海馬」の血流量が増加して痴呆予防になる、など。

今年は“笑顔”で健康づくり!

               By毎日笑顔で元気に過ごせるよう応援します やわらぎ整体院